ゲリラジャーナリスト横田一の取材レポート。
【丸山戦争発言の後始末】
・・横田さん、北海道に松井代表を追跡取材中。

維新の松井代表は、所属議員丸山穂高の戦争発言と迷惑行動を団長にお詫びに行く、と発言していたのに、なかなか行かない。横田さんは大阪でその事情を取材。
収録時には、松井代表のお詫び訪問の日程は公開されておらず、訪問すること自体も明確でなかったのですが、横田さんの取材記事がネットに流れた後、31日の段階で2日に謝罪の予定であることが判明。ここは、スルーするのはまずいということになったのでしょうか。
【関連記事】マスコミを避けた維新・松井代表、ビザなし交流訪問団への“お忍び”謝罪!?
2019.06.02
維新・馬場幹事長が「謝罪は6月2日の予定」と日程を明らかに
実は維新の中では「北方領土を取り戻すには、戦争しかない」というような議論は日ごろからあったのだとか。ただし、「戦争は非現実的だから、2島返還論で」というのが結論で、丸山議員の発言は、日ごろの議論の前段だけを取り上げたもので、本来重要だったはずの後段を説明しなかったからいけなかったのだ、という意見も維新周辺にはあるのだとか。
しかし、今時、世界で「領土を取り戻す」戦争自体が認められていないことを知らなかったのか、知らなかったとするとそれも衝撃。
【夕張買収した香港系ファンド社長に直撃】夕張市市有リゾートが2億4000万で中国系の実態不詳の会社に売却され、わずか2年でこの春、15億で香港系ファンドに売却された件。横田さんは、現地法人の社長に直撃取材。当初夕張市には100億を投資してリゾートを拡大し地元の雇用にも貢献するというプレゼンでしたが、それはどうなったのか。社長は、設備などを更新し外国人客を誘致するという計画は今も生きていると説明しましたが、具体的な裏付けはなく不透明。夕張市だけが損しているのか、市民に対して説明する必要があるのでは?取材の中間報告をお送りします。

【関連記事】
ネット媒体のハーバービジネスオンラインに、丸山穂高議員の戦争発言
の関連記事が配信されました。
「維新・松井代表、ビザなし交流訪問団への謝罪よりも、選挙を優先か!?」
2019.05.31

Keyword: ハーバー・ビジネス・オンライン, ハーバー・ビジネス・オンライン, ハーバー・ビジネス・オンライン

Có thể bạn quan tâm:

Comments

  1. dokurobesama

    正直、今回の丸山戦争発言は”丸山発言”としては驚きでもなんでもない。
    丸山がもとからこういう人物だと分かって公認立候補させたのは維新なのよね。

  2. tarou yamada

    ネト右は中国人に土地を売ると、怒っているのに、自民党がやると、怒らない、桜、水島、 DHC,は 取り上げんかい、まったく商売右翼の へたれ、めが。

  3. チェインギャング

    大阪W選挙で勝利した大阪維新は、一度は住民投票で否定された大阪都構想を、選挙で民意が示されたとして前に進めようとしているが、
    大阪府における大阪市の人口は30%。23区に70%の人口が集中する東京とは全く違い、
    大阪都構想は全く機能しない。ただ、大阪市を解体し、水道などの事業を民営化することで新しい利権を作ろうとする計画である。

    堺屋太一と竹中平蔵が作った大阪維新の推進するPFI政策にのっとって関西国際空港の1.6兆円の資産は竹中平蔵が取締役をつとめるオリックスに売却された。
    維新は水道民営化も推進中、カジノ誘致に関しても誘致するカジノは結局外資、利益は大阪の外に流れていくだけである。

    改革改革と連呼して、売国をするのは、まさに小泉純一郎がやってきた手法。小泉のパートナーだった竹中らブレインによって作られた大阪維新は、まさに大阪府の資産をどんどん外部に売り払う売国政党である。

    その維新の姿を広く大阪府民に知ってもらうと共に、中小企業や個人が幸せに暮らしていける大阪経済の抜本的立て直しのためのきっかけになればと思う。

    大阪府民よ騙されてはいけない!自分で調べて見よう!
    ケケ中平蔵と組んで大阪の財産を外資系に売り渡しやがって!バリバリの売国奴のグローバリストが!大阪府民も騙されてはいけない!維新は堺屋太一と橋本とケケ中平蔵が作ったガチの売国奴政党だそ!

  4. ishiyama333

    横田さん、これからも大手メディアでは取り上げない、それでいて本当はとても重要なニュースをどんどん知らせて下さい。

  5. 紺野まらドンナ

    丸山穂高の戦争発言では改めて浮き彫りになったのは、国連敵国条項の当該国に日本はなっており、ロシアや中国に戦線布告などすれば国連軍によって潰される。憲法改正しても日本は主体的に戦争が出来る国になるのでなく、アメリカの戦争に駆り出されるだけだと言うことだ。

Trả lời

Email của bạn sẽ không được hiển thị công khai. Các trường bắt buộc được đánh dấu *