カジノの是非を問う住民投票について、「IRは住民投票で決めることではない」と林市長が横浜市会(決算第一・第二特別委員会連合審査会)で明言した3分間の質疑の信号無視話法をノーカット検証

質問:古谷靖彦市議(共産党)
答弁:林文子市長

▼概要
0:07 質問「カジノの是非を問う住民投票条例制定の運動が起きていることへの林市長の所感は?」
3:22 赤黄青 集計結果

▼本質疑の分析記事(ハーバー・ビジネス・オンライン)

▼ツイッター

▼メディア掲載実績

企画・制作 犬飼淳

Keyword: ハーバー・ビジネス・オンライン, ハーバー・ビジネス・オンライン, ハーバー・ビジネス・オンライン

Có thể bạn quan tâm:

Comments

  1. 細谷達洋

    公約を白紙撤回し、今回の20万人近い住民投票を求める署名を無視。民主主義を当人が形骸化させる罪は大きいぞ。政事に携わる人間としての道徳なんか欠片も無いではないか。我々の横浜は香港と同じではないぞ。そんなに菅首相が怖いか。

  2. 艶鏡

    話が逆。民意に基づいて方針を変更するのならともかく、方針を変更しておいて「そういう民意もある」とごまかすのであれば、政治倫理は崩壊する。
    カジノ反対で得票しておいて、当選後にカジノ推進するのは有権者、特に投票して支持してくれた市民への裏切りだ。市民を騙す者が市長を務めることを容認してはいけない。

Trả lời

Email của bạn sẽ không được hiển thị công khai. Các trường bắt buộc được đánh dấu *