・コロラド先生(牧田寛先生)との前回の危機トラブルを踏まえてのリベンジライブとなります。
内容は新型コロナの感染爆発が止まったけどなんでなのかという話をメインにその他ワクチンについてなどお伺いしています。

*ただ、今回もすいません。今度は私の動画編集ソフトのバグで動画が書き出す際に吹っ飛ぶという自体に直面しました。

コロラド先生の連載記事

チュイッターやってます。

このチャンネルのメンバーになると読書会に参加することが可能です。

Keyword: ハーバー・ビジネス・オンライン, ハーバー・ビジネス・オンライン, ハーバー・ビジネス・オンライン

Có thể bạn quan tâm:

Comments

  1. 哲学入門チャンネル

    ・コロラド先生(牧田寛先生)との前回の危機トラブルを踏まえてのリベンジライブとなります。
    *ただ、今回もすいません。今度は私の動画編集ソフトのバグで動画が書き出す際に謎のデータが吹っ飛ぶという自体に直面しました。 もう少し本当は先生のグラフがあったのですが、そちらが減ってしまっています。。。。

  2. wildcard56513

    オリンピック施設の再利用と建設費用の在り方。飲食店の営業時間を制限した根拠の説明のリハーサルが一向に進まない。
    オリンピック施設は、都民国民、海外からの渡航者にレンタルしてもらおう。

  3. Takeshi Nishihara

    無症状の人は、どうやってPCR検査まで行ってるのだろう
    しかも発症前に感染させる危険性が高いとなると、どうやって感染防止を行えるのか?

  4. Takeshi Nishihara

    昨日は新規感染者数が15121人と激減したが、いつも数字の少ない日曜日の検査の結果だとしても少ない
    東京・大阪の減少が大きく影響しているが、人口の少ない地方の県で増加も見られるのでトレンド変換と言えるか分からない
    特に死者の数が減ってないことで、安易なピークアウト発言をしている人がいて危険と感じる

  5. youko suzuki

    https://www.jimakudaio.com/post-10076

    現在世界中で用いられている新型コロナウイルスPCR検査というのは、もともとドイツのシャリテー病院(欧州有数の病院)のドロステン教授によって開発されたもので(キャリー・マリスはPCR自体の発明者)、その論文がEurosurveillanceに掲載されています。この論文に10の致命的欠陥があることを指摘するのが以下の論文です。Eurosurveillance編集委員会につきつけられ、ドロステン論文を撤回するよう求めるものです。

    CORMAN-DROSTEN REVIEW REPORT

    https://cormandrostenreview.com

  6. salvageboat

    年末に総選挙、やるなら自民にはいれない。
    先になるほど不利になる気もするけどどうかな。ワクチン、空港で腐らせなければ良いけれど。

  7. Marx Boyトチロウ

    Go toキャンペーンをやめれば感染の広がりは抑えられるということは理解できますが、これは自粛を呼びかけるだけで何もしない菅政権。今日も自治体の議会に傍聴に行ってきたが、社会的PCR検査は予定していないとのことでした。飲食店の経営が危機に瀕していますが、涙金を配るだけで何もしない。財調基金は積み上げてるんだけどね。年間予算よりもさらにブタ積みしてます。国会も今日で閉会となり、菅も追及を逃げ切る気なのか‼️生命があってこその経済対策だろう。
    ナオミ・クラインのショックドクトリンのように、株価の暴騰とデジタルXで、一部の富裕層が利益をどんどん上げています。ゾンビ企業のような倫理観の欠如が庶民には理解できない。
    前回の動画での不躾な私のチャットは、汗顔の至りです。平に御容赦下さい。

  8. やまんば

    エアロゾル感染=空気感染と思って対処しないとだめ。2003年のSARSの時にすでに指摘されています。
    タバコの煙と同じで、タバコ臭いということはタバコの煙が空中を漂い、それを自分が吸い込んでいるということ。ウイルスも吸い込んでいるのだ。

  9. Ryukyus N

    今日の沖縄県の感染者は47人、米軍発表の20人と合わせると67人です。
    米軍の数字に若干の不信はあるが、感染拡大は否定できない。
    この数字を見ると、首都圏などと比べても最もヤバイ地域と言える。。

  10. 石田晃

    こんにちは😃牧田先生の朝からの、じゅんちゃんさんとの対談ありがとうございました🙇データに基づく講義なので分かりやすく、聞けましたが、新たなおそれのある、エアロゾール感染と空気感染が、気になっています‼️牧田先生の今後の、ご研究に、期待しております‼️ありがとうございました‼️

  11. つよぷん

    コロラド先生、詳しい内容をありがとう御座いました。
    検査数は渋ったままで、GOTOの延長とはスカの頭は大企業のみです。庶民の声など耳も傾けない恐ろしい総理です。
    じゅんちゃんありがとう御座いました🙋‍♂️

  12. ぷり吉

    現在の日本 いや世界かな? では へーきで数字や基準を周知せずに弄るから、中央の発表したものなど、そのまま鵜呑みにはとてもできません!
    それに一旦鈍化したようにみえても、チャイニーズの入国緩和で今後たくさんの入国者が来ると思うと、安心などまだまだ出来ませんねぇ
    何故 押さえ込みが上手くいっている国の真似をしないで、完全に押さえ込むまで、本格的な経済活動を我慢できないのかわかりませんよ! 中途半端に行うから、中途半端な結果になり、結果損失がより大きくなるとなぜわからないんだろうと思う!
    宇宙戦艦ヤマトでヤマト発進時に試験航行なしの一発勝負で迫りくるミサイルに対して、乗組員は速く攻撃をと中途半端なエネルギーの段階で皆言うが、指揮官である沖田艦長は
    目一杯のエネルギー充填を指示する
    その間にもミサイルは迫りピンチになるが、沖田艦長はエンジンが始動しなければ、全ての武器が使えない、つまり エンジンの始動を失敗できないことを誰よりも理解しているだけに、不安な乗組員を説得し、やることはきちんとやって、見事ミサイルを撃破し地球とヤマトを救うことに成功している!
    指揮官たるものときには周りからの疑問や急かしはあっても 問題の最小化のためにたとえ苦境でも、実行できる知識と強さが必要なんじゃないかと思う!

    今こそ沖田艦長のような、リーダーが必要なときなのだと強く思う!

  13. しんめいかい

    興味深い情報をありがとうございます。大変参考になりました。
    笑いまじりで話をすることを不謹慎だと指摘される方もおられますが、
    問題に真剣に取り組んでいらっしゃる方ほど、
    笑いなどの感情を抑えて話すのが難しいことなのです。
    それを抑えるために過剰に神経質になることの方がよくないと思っています。

  14. 白鳥ひとみ

    そもそもPCR検査自体全く正確ではありません。
    https://youtu.be/d7u9V65j0Qc
    これを知ればコロは大した事ないと言う事が分かります。私の通っている病院のDrも、大した事ないのにメディアに煽られてると言ってましたよ。
    ワク〇ンも危険ですよ。

  15. クニさん

    隠蔽や改竄がお得意の政府、行政だから感染者数などいくらでも調整できる。マスコミもグルだからいつも国民は感染者数の増減を見て判断し一喜一憂する。全国の検査数も他国に比べて少なく仕事の関係や日頃の生活で廻りを気にしたりして少少微熱や体調に変化があっても検査をしない人がどれほど多くいるだろうか。今でも無症状の人が満員電車や町中に沢山いると思っている。無症状者の人を含め感染者を早く発見して隔離する方法が疫病の拡大を防ぐ大原則であるし世界の国では実施している。政府が効果のある対策もせず放置するのには何か裏がある。五輪か?成り行き任せか?ワクチンか?零細業者の淘汰か?医療崩壊が怖いか?弱者切り捨てか?理解に苦しむ。急務の政策は人の移動自粛と休業と補償のセットであり検査数の拡大と隔離対策(医療環境)の見直しではないのか。前回拡大が抑えられたからといって同じことをしようとしてもウイルスの変化と気象状況により大事に至らなければいいのだが心配です

  16. 星慎二

    すべてのワクチンは異物と毒物だらけで副作用が出るだけでなんの効果も無く無意味とアメリカFDA米食品医薬品局

  17. 会津里花・一五一会伝道師

    じゅんちゃん、お疲れ様です。こんな時こそ「想像力で補う」時です。牧田先生のおっしゃっている事をしっかり聞き取って、なんなら2回聞いて、参照できそうなデータは自分でも探して、しっかり汲み取って検証しようと思います。

  18. カナダカナダ

    ゲストの誘い笑いにのる場面をわきまえないと下品に見えるなと思いました。
    人の話を聞くことは話すことの10倍難しい。最近よく思うようになりました。

  19. 恭治

    同時通訳みたいなデタラメなテロップは何とかならないだろうか。
    日本の言語を理解出来ない技術者が作成した馬鹿者の技術を採用したグーグルは、日本から追い出そう。
    それはさておき、じゅんちゃん毎日良くやっているなと感心します。
    ウイルスは悪玉ばかりでありません。
    大腸菌と同じように大事なものです。
    ブンブンと飛ぶ蚊も大事な鳥の餌です。
    自然の妙を理解したらよい。
    ワクチンを打つ前に免疫力をつける生活をするほうが健康になる。
    ウイルスは常に変異します。金をかけるなら健康な、野菜や食べ物を高くてもいいから食べて休養をとりストレスのない生活をしたほうがよい。
    年寄りや基礎疾患を持っている人は何れの感染症にも弱いのです。
    自然淘汰されるのは当然です。アンチエイジングしてもいずれ誰もが死は100%免れません。気をつけるだけで少しは延命出来るのみで普段の生活が健康であればだいたい長生きできるのみです。
    この動画を聴いていてもワクチン接種はほぼほぼ無駄なことのようです。
    ああ馬鹿らしい。ウイルスを研究するのは推奨しますが
    まだまだワクチンが安全に作られるとは期待しないほうが良いので皆さんワクチン接種は拒否した方がよいです。
    美味いものを食べて笑って暮らしましょう。

  20. 三木浩一

    無症状者がウイルスを撒いているならPCR検査を充実させるしかありませんね。PCRで発覚すれば対策とれるのですから。
    実効性に疑義を挟む人もおられるかもしれませんが、有力説ならば従うべきですよ。
    それか抗体検査。
    軽症又は無症状の若い人こそ検査が必要だということになりませんか。
    海外の例は一見無駄に見えますが、無症状者が広めるならPCR充実させるのは有効ですよね。
    gotoは若者が大量に利用してますよ。毎週県外に遊びに行く遊び慣れしている若者もいます。(ツイッターでフォローしている人がそうです)。独身なので稼ぎは旅行に費やされ、仲間とバカンス、飲食を楽しんでいるようです。
    流石に最近は投稿減ったな。
    全員軽症なら問題ないが、重症になる人達に感染させないためにも検査は実施するべきだと思いました。
    日本がアメリカのようにワクチンに頼らずとも済むようになればいいと思います。

  21. midori

    朝からの配信ありがとうございました。じゅんちゃんファンの私にとっては嬉しいです。 
    スガ首相は外食三昧だが、マスク会食なんか本当にやっているのか、実演しているところを見てみたいものです。

  22. ASAO NAKAMORI

    ☕ 淳は出だしはスローだが、終わりになるほど早口と思ってたが、この先生には及ばない。しかし、話の中身は説得力ある。ステイホームと言う言葉が懐かしい。

  23. YOSUKE TAJIMA

    go to eatとかgo toなんとかとか、国民を外出させる方向に持っていくというのは感染対策としては逆行だと思います。それでも、社会経済活動を止めるわけにはいかないので、外出先で空気感染しないように3密を避けたり、マスクを着用するということが大切なんだと思います。
    前の動画も見ました。テレビの特集も見ました。
    当たり前の感染対策ができれば感染爆発なんてしないのです。
    カラオケや飲食とかも対策さえできれば普通の日常を送れると思います。

  24. Tyupa Tyupa

    全国各地で新規感染者が急増している新型コロナウイルス対策として、国民に対して「静かなマスク会食」を呼び掛けた菅首相。国民からは「着けたり外したりして食べるのはムリ」「熱いモノを食べる時のフウフウが出来ない」と不評で、それならば外食を避けた方がいいだろう――と考える人が少なくない中、菅首相自身は毎日朝から夜まで外食三昧だ。

     ここ数日間の首相動静を確認しただけでも、ざっと次の通りだ。

     2日朝は虎ノ門のホテル「The Okura Tokyo」内のレストラン「オーキッド」で秘書官と朝食。夜は西麻布の焼き肉店「叙々苑游玄亭西麻布本館」で、自民党の牧原秀樹、武村展英両衆院議員と夕食。1日朝も「オーキッド」で日本ガス協会の広瀬道明会長らと会食し、夜は永田町の「ザ・キャピトルホテル東急」内のレストラン「ORIGAMI」で秘書官と夕食している。

     11月30日の朝も、「オーキッド」で反町理フジテレビ報道局解説委員長と会食し、夜は紀尾井町の「ホテルニューオータニ」内の宴会場「LAPIS L」で秘書官と夕食。同29日は参院本会議に出席後、昼に「ORIGAMI」で新浪剛史サントリーホールディングス社長と食事し、夜は「ザ・キャピトルホテル東急」内の中国料理店「星ケ岡」で秘書官と夕食を取っている。

     同27日朝は「オーキッド」で自民党の佐藤勉総務会長、園田修光参院議員、柿崎明二首相補佐官と食事し、昼は「星ケ岡」で、山崎周二全国農業協同組合連合会(JA全農)代表理事理事長と会食。そして夜は「The Okura Tokyo」内の日本料理店「山里」で元プロ野球選手の江本孟紀、小早川毅彦両氏らと食事するという「朝昼晩外食のフルコース」だった。

     元国会議員秘書はこう言う。

    「新型コロナ禍で国民が外食を控える中、首相自らが率先して外食しまくっている状況はいかがなものか。国会内や官邸にもレストランはあり、専属のコックがいる。それなのになぜ、朝から晩まで高級ホテルのレストランで食事する必要があるのか。しかも原資は税金だから呆れてしまう」

     コロナで収入が減っている庶民に高級ホテルのレストランは高根の花だ。

  25. ごんだわら進一

    投票率アップに協力してください。

    『ウソをつかない政治のために』https://youtu.be/7__CveCniQ8

    この歌の視聴回数が増えればおすすめとして携帯などに表示される数も増えます。

    この歌が広がって多くの人が聴けば投票率が上がるはずです。

    いつも同文を書き込んで大変恐縮です。

Trả lời

Email của bạn sẽ không được hiển thị công khai. Các trường bắt buộc được đánh dấu *