弁護士法第72条 条文
(非弁護士の法律事務の取扱い等の禁止)
弁護士又は弁護士法人でない者は、報酬を得る目的で訴訟事件、非訟事件及び審査請求、異議申立て、再審査請求等行政庁に対する不服申立事件その他一般の法律事件に関して鑑定、代理、仲裁若しくは和解その他の法律事務を取り扱い、又はこれらの周旋をすることを業とすることができない。ただし、この法律又は他の法律に別段の定めがある場合は、この限りでない。
解説
いわゆる非弁行為の禁止について規定している。 本条に違反した者は77条3号の規定により罰せられる。(2年以下の懲役または300万円以下の罰金に処せられる)
★なお、弁護士法72条違反は、「両罰規定」なので、法人に所属する役員や従業員らが、法人の業務に関連して違法な行為をした場合、個人だけでなく、法人も併せて罰せられる規定。つまり委託会社の代表者と集金人の両方が犯罪者になるという意味です。

詐欺罪(さぎざい)とは、人を欺いて財物を交付させたり、財産上不法の利益を得たりする行為(例えば無銭飲食や無銭宿泊を行う、無賃乗車するなど、本来有償で受けるべき待遇やサービスを不法に受けること。また債務を不法に免れたりすること)、または他人にこれを得させる行為を内容とする犯罪のこと。刑法第246条に規定されている。未遂も罰せられる(250条)。

NHKから国民を守る党 党首&ホリエモン新党 代表
元国会議員ユーチューバー立花孝志のチャンネルです。
★NHKが反社会的勢力と連携して特殊詐欺をしている証拠記事→
NHK集金で得た個人情報使って窃盗、元社長に有罪判決

懲役3年執行猶予5年

NHK受信料の集金業務を委託されていた会社から契約者情報が漏れて悪用された事件で、契約者情報を共犯者に伝え、キャッシュカードを盗むなどしたとして窃盗罪に問われた元社長の藤井亮佑被告(29)の判決が14日、名古屋地裁であった。岩田澄江裁判官は懲役3年執行猶予5年(求刑懲役3年)を言い渡した。

 判決によると、藤井被告は知人の大浦悟被告(21)=同罪で公判中=と共謀し、名古屋市や愛知県春日井市の70~80代の女性3人からキャッシュカード計4枚を窃取。うち3枚を使ってコンビニエンスストアのATMで計249万9千円を引き出した。

 公判で、藤井被告はNHKの受信契約者の中から高齢女性の氏名や住所、金融機関名といった情報を大浦被告に提供していたことが明らかになった。それらの情報を元に、大浦被告が警察官になりすまして被害者方へ行き、キャッシュカードを盗んだとされる。

 岩田裁判官は「犯行は被告の情報提供がなければ生じ得なかった」と指摘。「契約者の信頼を裏切り、委託された業務でのみ使用を許された個人情報を犯罪に利用した」と批判した。一方で、被害者と示談していることなどを挙げ、執行猶予付きの判決とした。

    ◇

 NHKは判決後、「委託先における個人情報の適切な管理について、指導・監督を一層徹底してまいります」とコメントした。

★関連記事
NHKの契約者名簿を基に高齢者からキャッシュカードを盗み、現金を引き出したとして、窃盗罪に問われた愛知県長久手市の無職、大浦悟被告(21)の初公判が20懲役3年執行猶予5年日、名古屋地裁(西沢恵理裁判官)で開かれ、大浦被告は「間違いない」と起訴内容を認めた。
大浦被告と共謀したとして、受信料の集金業務を受託していた会社の社長、藤井亮佑被告(29)も同罪に問われ公判中。
検察側は冒頭陳述で、昨年9月上旬ごろから特殊詐欺の「受け子」として活動していた大浦被告は報酬が少ないと感じ、同月中旬、知人の藤井被告に契約者の情報入手を持ち掛けたほか、窃盗の実行行為も担ったと指摘した。弁護側は争わない姿勢を示した。
起訴状によると、2人は共謀、警察官を装った大浦被告が昨年9月、名古屋市や同県春日井市の70~80代の女性3人の自宅を訪ね、カード計4枚を盗み、現金計約250万円を引き出したとしている。
★現在NHKから国民を守る党には37名【国会議員2名・地方議員35名】の現職議員が在籍しております。
★NHKから裁判されないためには玄関先にNHK撃退シールを貼ることを強くお勧めします。
★NHK撃退シールご希望の方は、
あなたの郵便番号・ご住所・お電話番号・お名前と書いたメールをタイトル【シール希望】として
tachibanakumi0112@hotmail.co.jp
まで送信して下さい。
または、こちらまで→

★立花孝志の活動は、みなさまからの【視聴料】によって支えられています。みなさまからの心のこもった【視聴料】を頂ければ幸いです。【政治家への寄付ではなく、このユーチュブの視聴料として立花孝志が社長の会社へお支払いして頂くものです。】
ユーチューブ番組(動画)視聴料の振込先
1.ゆうちょ銀行 記号14070 番号8448861
2.三菱UFJ銀行 堺支店 普通預金 0091679
3.三井住友銀行 浜寺支店 普通預金 1523308
名義はいずれも、立花孝志ひとり放送局株式会社です。

★切手や収入印紙や商品券などの差し入れも大歓迎です。下記住所に送って下さい。
〒124-0023 東京都葛飾区東新小岩一丁目1-1-401
トラスト新小岩 

★私は、NHK職員を19年4ヶ月してましたが、14年前に週刊文春でNHKの不正経理を内部告発して退職【内部告発が原因で実質上のクビ】になりました。
2015年4月 船橋議会議員選挙で当選
2016年7月 船橋市議会議員を辞めて、東京都知事選挙に立候補、NHKの政見放送で【NHKをぶっこわす!】と9回訴えました。
2017年11月 葛飾区議会議員に当選
2019年5月 葛飾区議会議員を辞めて、大阪府堺市長選挙に立候補
2019年7月の参議院選挙【全国比例】で当選。
2019年10月参議院議員を失職【参議院選挙出馬により】
ご相談はメールではなく電話でお願い致します。
受信料不払いに関する相談センター 03-3696-0750【代表】朝10時から深夜11時まで毎日営業しています。
ツイッター
フェイスブック 立花孝志
★NHKから国民を守る党のホームページ

★ブログ 
NHKからの請求書が来なくなる方法【N国党】→

Keyword: ハーバー・ビジネス・オンライン, ハーバー・ビジネス・オンライン, ハーバー・ビジネス・オンライン

Có thể bạn quan tâm:

Comments

  1. silver spirit23

    tor使って特定されてないなら「犯人が恒心教」ってのもおかしいのでは?
    ちだいと恒心教の関わりは一切無いし、そもそも恒心がN国と関わり始めたのは立花さんが唐澤貴洋を雇ったからですよ

  2. s zkey

    横浜国立大学に莫歯予告していたのも恒心教だと聞きました。
    日本の警察のサイバーセキュリティ能力が試される事案ですね。(国政マターでは?)

  3. m m

    パンフレットはちだいと恒心教が組んだ自作自演でしょ
    全部大事にして全員引き下がれないようにしてほしい。
    こういう奴らは子供のイタズラ感覚で何でも許されると思ってるから徹底的に追い込まれて目を覚ませ
    ちだいくんも40代だし、恒心教もどうせ30-40代の無職でしょうね。社会のお荷物

  4. 柳小路文麿

    真犯人は
    毒を以て毒を制する考えを持つ人達でしょう
    両者を煽ってNHK問題もしくは森友問題の解決へのエネルギーを分散させようとしているのだろうと思う
    これは先の大戦で日米を煽ったソ連が使った手である

  5. ken kuma

    えっ、立花さんほどの人がこの件でまだ訴えていなかったの・・・
    自分が言う、相手に訴えられていないから間違ったことはしていない、風に言い返されたら、
    この件を訴えていないことは、自分が指示したことを認めていることにならないのかな、
    同様に松田さん大橋さんも訴えていないってことは実行したの・・・かな、と思われる。

    けど、真犯人がいて自分たちとは違うとわかったなら、裁判中にわざわざ、国政政党の副党首と党首が自宅まで行き、取材と称して証拠はなんだって聞きことなく、心置きなくかようさん同様に思う存分、対応できますね、松田さん大橋さんもできる。  頑張ってください・・・

  6. ピコジロー

    立花代表 ❕ ホリエモン新党、選挙ウオッチャーちだい君等・・・。くだらないことばかりです。また NHKから国民を守る党への票が減りますよ。 国民の関心がある ”巨悪NHK”
    問題のアピールに徹して下さい。”NHKから国民を守る党をぶっ潰さないで下さい”。”NHKをぶっ潰して下さい”。

  7. 海原雄山

    NHKマニアが多そうな高齢者層だって、
    20年単位で考えれば未来はないな

    相撲産業そのものが高齢者向けのコンテンツだからね
    この層がいなくなったら、NHKはもっとオワコンになる気がする。

  8. Yokohama Yosuke

    なるほど、1300件のうち1件はうちの商品でした。
    もちろん、ちだい氏からキャンセルの申し出が来たことが昔ありました。

  9. 富士海雄山

    確か恒心教の攻撃手段で贈り物路線ってのがあったな。
    攻撃したい相手にに雪見大福や人形送ったりパンフレット送付するやつ。
    あと攻撃したい対象に直接出向くんじゃなくて第三者が仕掛けるように誘導する通称ラジコン路線とか。

  10. おきじゅ

    犯罪の濡れ衣着せるようなとんでもない事してしまった相手には「ご免なさい」ではなく「誠に申し訳ありません」ではないでしょうか。
    漢字に弱い等国語力に難があるのは承知していますが、言葉はきちんと選んで発さないと時としてとんでもない事態を招くことがあります。
    「ご免」はその昔武士が町民や農民等目下の人間に対して一応気を遣ってみせる時に用いた、いわゆる上から目線の言葉です。

Trả lời

Email của bạn sẽ không được hiển thị công khai. Các trường bắt buộc được đánh dấu *