◆灘本敏のLINE公式アカウント

LINEのビジネス活用といえば、LINE公式アカウントからメッセージを使ってユーザーにダイレクトに情報を伝える使い方が最初に思い浮かぶでしょう。

しかし、情報を発信したいときに使える機能はメッセージだけではなく、タイムラインも活用できます。

そこで今回の動画では、実際にタイムラインを活用している企業の事例を基に、メッセージとタイムラインの効果的な使い分けについて解説していきます。

LINEのホーム・タイムライン投稿とは
LINEには自分の投稿やプロフィール画像、カバー画像などが表示されるホームという機能があります。このホームに投稿したものは、自分の友だち全員や選択した友だちに対して公開されます。

ホームには自分の投稿だけが表示されますが、友だちがホームに投稿したものが表示される場所はタイムラインといいます。

タイムラインでは友だちがホームに投稿したものが一覧で表示されます。

トークが特定、もしくは複数人のユーザーとメッセージのやりとりを行える機能であるのに対し、ホーム、タイムラインはTwitterやFacebookのメイン機能であるタイムライン・ニュースフィードに近い機能です。

簡単に言えば、LINEのSNS機能がこのホーム、タイムラインと言えます。

LINE公式アカウントのタイムライン投稿の特徴・メッセージとの違い
タイムライン投稿は、メッセージといくつか異なる点があります。

ここではその中でも代表的な3つのポイントを紹介します。

ユーザーとのコミュニケーションが取りやすいタイムライン投稿は、それを見たユーザーが気軽に「いいね」したり、コメントしたりできます。

さらに企業側もそのコメントに対して返信ができることから、コミュニケーションが取りやすい場であるといえます。

企業アカウントであっても、ユーザー側からメッセージが送られてくればやり取りも可能ですが(利用している法人向けアカウントの種類による)、投稿への「いいね」ほど気軽なものではないでしょう。

必然的に、メッセージを一方的に配信するコミュニケーションになります。

アカウントと友だちになっていない人にもアプローチできるタイムライン投稿は、簡単に「シェア」できます。

企業のLINEアカウントと友だち登録しているユーザーがタイムライン投稿をシェアすると、その人の友だちにまで投稿が表示されます。

Twitterのリツイートのようなイメージです。

これによって自分と友だちになっていない人にもアプローチ可能となります。

メッセージより高い頻度で投稿しやすいユーザー側の設定にもよりますが、メッセージは送るたびに通知がいくため、送る頻度によってはうっとうしく感じられてしまいます。

ブロックされるリスクも高まるでしょう。

しかしタイムライン投稿は通知がいかず、ユーザーのタイミングで閲覧できるため、高い頻度で投稿しても嫌われる心配が少ないです。

メッセージと異なり、無料で打ち放題LINE公式アカウントのメッセージは、月額無料のフリープランで1,000通まで配信することができます。

1,000通を超えるメッセージの配信を行うには有料プランに切り替える必要があります。

一方、タイムラインは何回投稿しても従量課金の対象にならないため、投稿頻度をあげても予算に影響が出ません。

タイムラインとメッセージ、使い分けのポイント
タイムラインとメッセージ。

それぞれの特徴が違うため、効果的な使い方も違ってきます。

ここでは実際に企業が投稿しているものを基に使い分けのポイントをご説明します。

メッセージで配信するほどではないこまかな情報を伝える

ターゲット層が限られたキャンペーン、まだ注目度がそれほど高くないジャンルの新商品など、メッセージでは伝えきれない情報を配信するのにタイムラインは有効です。

これによってメッセージの投稿頻度を抑えることができ、ユーザーにマイナス印象を与えにくくなります。

例:洋服の青山

紳士服販売チェーンの洋服の青山のアカウント。クーポンや人気の高い商品のキャンペーンなど、より多くのユーザーに伝える際にはメッセージ、タイムラインではCM動画及びメイキング動画の紹介など、メッセージで送るほどではない周辺コンテンツを配信しています。

ユーザーが反応しやすいコンテンツをつくってみる

「いいね」やコメントを入れることができるタイムラインの特徴を生かしたコンテンツも有効です。

アンケートやクイズなど、ユーザーが気軽に楽しめてリアクションボタンを押したくなるようなコンテンツを投稿すれば、メッセージ配信よりも印象に残るコミュニケーションが取れるでしょう。

例:ハーバー

無添加化粧品の販売を行っているハーバーのアカウント。

縦長の画像を投稿すると画面の下が隠れる仕様をうまく活用した占いコンテンツです。純粋に楽しめるだけでなく、占い料金として「いいね」を要求することで、ユーザーのアクションも促しています。

同じ施策でもクリエイティブを変える

メッセージは通知が来たタイミングなど、瞬間的に消費されるので、一目で伝わりやすいクリエイティブの方が好ましいです。

一方タイムラインは、空き時間に閲覧される可能性が高い部分なので、ただの画像より消費するのに時間がかかるようなコンテンツも受け入れられやすいでしょう。

よりエンターテイメント性の高い動画なども効果的です。

例:ライザップ

トレーニングジムの運営を行っているライザップは、同じタレントを起用した施策をメッセージとタイムラインに投稿していますが、クリエイティブが異なっています。

メッセージのほうは一目で伝わるインパクトのある画像なのに対し、タイムラインは動画にテキストを使った構成です。

LINE公式アカウントのタイムライン・メッセージ使い分け事例
前項でご紹介した以外でも各企業がさまざまな工夫をこらしタイムライン投稿を行っています。ここではその中から事例を一つご紹介します。

事例:ローソン

全国でコンビニチェーンを展開するローソンのアカウント。

メッセージでは4分割のリッチメッセージを使ったクリエイティブやリッチビデオメッセージなどが基本で、キャンペーンや新商品情報などを投稿しています。

これに対しタイムラインでは、メールマガジン形式で「今週のローソン」と銘打った商品、サービスの紹介をテキスト中心で投稿しています。

メッセージ×タイムラインを組み合わせた拡散戦略

実はタイムラインを投稿するとその記事のURLが発行できます。

そのURLをリッチメッセージなどでメッセージとして配信しタイムラインへ誘導することができます。

ある企業では、そのタイムラインにいいねの数で今後配信するクーポン決めるといったユーザー参加型のキャンペーンを実施していました。

タイムラインの特性上「いいね」をするとそのユーザーの友達にも記事が拡散されます。

キャンペーンと絡めていくのも非常に効果的ですので試してみてください。ようこそLMC(ラインマーケティングカレッジ)YouTubeチャンネルへようこそ!

LINE×SNSビジネス活用の専門家
灘本敏(なだもと さとし)です。

このチャンネルでは、今日から仕事、ビジネス、生活に役立つ情報を配信しています。

あなたのチャンネル登録、高評価、コメント、リクエストが励みになります。

毎日見たいと感じたらチャンネル登録お願い致します。

◆チャンネル登録はこちら

ベルのマークを押すと毎回通知が来るようになります。

◆本日のテーマ
#灘本敏 #LINEタイムライン

◆灘本敏のLINE公式アカウントはこちら
お友だち登録特典
『2020年度版LINEマーケティング』動画マニュアルを進呈致します。
動画のアップロード情報、オンラインセミナー情報などいち早くお届けします。

◆灘本敏主催SNSビジネス活用実践勉強会
毎月第三火曜日にオンラインで開催中。
下記オープンチャットへ紹介者入力欄にYouTubeみたよとご記入の上参加申請お願い致します。

オープンチャット「灘本敏LINE×SNS実践勉強会」

◆灘本敏のプロフィール
元LINE株式会社LINE@正規代理店
兵庫営業所所長
5年で約1000社以上のアカウントを指導
(主にBtoC事業従事者への支援)

◆主な事業内容
コンテンツ制作、販売(note)
SNS活用コンサルティング
SNS運用代行
社内運用担当者研修
セミナー、講演
YouTubeコンテンツ制作、配信
SNSビジネス活用実践勉強会主催

◆主な実績

半年で新規2.5倍、売上7倍になった治療院
半年でお友だち1万人を達成した飲食店
わずか10日間で250人を集め売上400万円を達成した小売店
一配信で200万円を売上げたアーティスト
半年先まで予約が取れないサロンなどなど

◆サポート経験のある業種

飲食店、バー、治療院、エステサロン、ネイルサロン、ホワイトニング、カフェ、学習塾、ゴルフ練習場、ゴルフスクール、ジム、ゲームセンター、フラワーショップ、パン屋、キャンピングカーレンタル事業、小売店、派遣会社、アーティスト、ダンススタジオなど

◆コンサル、セミナー、研修、講演、取材等
各種問い合わせはこちら
o2omarketingproduce@gmail.com

Keyword: ハーバー・ビジネス・オンライン, ハーバー・ビジネス・オンライン, ハーバー・ビジネス・オンライン

Có thể bạn quan tâm:

Trả lời

Email của bạn sẽ không được hiển thị công khai. Các trường bắt buộc được đánh dấu *